post by admin | | Closed

不動産担保ローンと差し押さえ

不動産担保ローンとは、その名の通り、不動産を担保に入れてローンを組むというものです。

ですから、返済が滞納されれば、当然、担保に入れていた不動産は差し押さえられ、銀行などの手続きを経て、競売にかけられます。

その競売の価格によって借り入れていたお金を完済できればいいのですが、最悪の場合は、不動産を競売にかけた後でさえ、まだ返済額が残ってしまうということがあります。

不動産もなくなってしまい、住む場所もままならなくなってしまった上に、借金が残ってしまうということですね。

このようなことになったら悲劇です。

借り入れる前には、十分検討する必要がありますね。

なお、基本的に差し押さえられている不動産を担保に、不動産担保ローンを組むことはできません。

しかし金融機関によっては、それでも可能にするというところもあります。

もしどうしても必要なときには、相談してみるとよいでしょう。

Comments are closed.