post by admin | | Closed

不動産担保ローンで老後資金を賄う

不動産担保ローンは、いろいろな活用のされ方をします。

年を取ってきて、働くこともできなくなり、収入がままならないけれど年金だけでは生活していけないというときなどに検討する1つとして、不動産担保ローンが挙げられることもあります。

つまり、不動産担保ローンを組むことで、医療費や生活費などの老後資金を賄おうというものですね。

このような老後資金を不動産担保ローンで賄おうという場合、一般的に、返済は契約者が死亡もしくは転居した時に、担保となっている不動産を売却して、そのお金で返済ということになるのが一般的です。

このようなシステムは、もともと欧米では一般的だったのですが、近年、年金制度の脆弱化などによって、日本でも「リバース・モーゲージ」などという名で広まるようになってきました。

逆住宅ローンとも呼ばれています。

今後、広がる可能性が高いローンの1つです。

Comments are closed.