post by admin | | Closed

不動産担保ローンの時にかかる登記費用

不動産担保ローンは、不動産を担保にして金融機関から融資を受けるというものです。

そのため、担保となる不動産に関しては、登記を変えなくてはなりません。

そうなると、当然必要となってくるのが、登記費用です。

不動産担保ローンを組むときにかかる登記費用は、たいていの場合、司法書士に支払うものになります。

司法書士によってその料金は前後しますが、およそ10万円前後となると見越しておくとよいでしょう。

普通は登記費用として扱われますが、この費用、司法書士の手数料も含まれている金額になります。

また、不動産担保ローンの融資額によっては、登記費用が変わっていく場合もあります。

ですから、10万円を超えることもあるかもしれません。

登記費用が適切な価格かどうかというのは、いくつかの司法書士に問い合わせてみる必要があります。

納得できる額と信用できる司法書士を選びたいものです。

Comments are closed.