post by admin | | Closed

年金受給者が受けられる不動産担保ローンとは

不動産担保ローンというと、不動産を担保にお金を借り入れ、毎月決まった額を返済していくというパターンを思い浮かべますね。

ですから、基本的には融資されたお金はきちんと返済しなければならないので、収入が毎月決まってある方でないと融資が難しいということがあります。

だから、主婦やフリーター、お年寄りではローンが組めないということもあります。

でも実は、年金受給者が受けられる不動産担保ローンというものがあるのです。

これは、年金受給者が高齢者の所有する不動産を担保にして、生活資金や医療費などを融資するというもので、死亡や転居などによって契約が終了した時に、担保とした不動産によって一括返済を行うというというものです。

普通、不動産担保ローンというと、最初に借り入れたお金を返済していくことで徐々に借りたお金は減っていくものですが、この年金受給者が受けられる不動産担保ローンでは、定期的に融資を受けることで借入額は徐々に増えていき、死亡もしくは転居により、最後に一括して不動産として支払うということになるわけです。

Comments are closed.